XcodeのApp Store以外からのダウンロード方法

ターミナル

ターミナルを開き、「Homebrew」が入っていない場合はターミナルからダウンロードします。

こちらが「Homebrew」です。

公式ホームページはこちら。

Homebrew




インストール」をターミナルにコピペして、エンターして下さい。

年代によって仕様が異なるので必ず公式ホームページから、最近のものをいれて下さい。

時間は結構かかります。



Homebrewがダウンロード完了したら、ターミナルからXcodeのバージョンを選択してダウンロードを開始します。

詳細は以下のGitHubを参照して下さい。

Xcodes GitHub

xcodes install 13.3

バージョンは使いたいのを入力して下さい。




Apple IDとパスワードが求められるので入力して下さい。


2段階認証設定をしていると6桁のコード入力を求められるので、届いたコードを入力して下さい。

ダウンロードが始まります。




Apple Developer

Apple Developerサイトからのダウンロード。

Apple Developer


新しいXcodeを入れる前に使っていた前のを削除して下さい。

削除してからダウンロードした方がMacの空き容量が40GBほど増えました。

Downloads」をクリック。




More」をクリックするとファイルが表示されるので、ダウンロードしたいXcodeのバージョンを選択して下さい。


ダウンロードするのも時間がかかります。




ダウンロードされたらxipファイルを開いて下さい。

こちらでも時間かかります。




空き容量は十分にあるはずなのに「選択したボリュームの空き容量が不足しているため、アーカイブ”Xcode_13.3.xip”を展開できません」などと表示されたら、以下のようにして下さい。


ターミナルを開いて、以下のコマンドを入力します。

cd ~/Library/Developer 

を入力

rm -rf Xcode

で完全に削除されます。

これで、ダウンロードファイルを開いて進めて行けば新しいXcodeをダウンロードすることができました。




コマンドラインツールバージョンの設定変更方法

Xcodeを起動を起動して上部のメニューからXcodeを選択。

XcodePreferences

を選択してプリファレンス画面を表示します。

Locations」を選択して「Command Line Tools:」からコマンドラインで使用したいバージョンを選択して下さい。

参考