XcodesをインストールしてXcodeのバージョン管理を行う

Xcodeを使う場合は色んなインストール方法がありますが、アプリからなどとても時間がかかるようになってしまいます。

そこで「Xcodes」を使ったXcodeのインストール方法と使い方を説明します。

目次




インストール方法

ターミナルを開いてコマンド入力します。以下を入力して下さい。

brew install --cask xcodes

コピペできます。

コピペして「Enter」を押して下さい。インストールが始まります。


brewを用いた方法なので使ってない方は以下を参考にして下さい。


より詳しい詳細はGitHubを参考にして下さい。

GitHub




インストール確認・ログイン

Launchpad」か「Finder」をクリックする。




そして「Xcodes」のアイコンがあればインストールが完了しています。





Xcodesを開くとこのように「Apple Developer」からインストールできるXcodeのファイルが全て表示されます。




人型アイコンをクリックすると「Apple ID」でのサインイン画面が表示されるので「IDとパスワード」を入力して下さい。




二段階認証を設定していると6桁のコード入力を求められるので確認入力を行なって下さい。




Xcodeのインストール方法

ダウンロードしたいバージョンのXcodeを選択して下さい。

カーソルを合わせると「このバージョンをインストール」と表示されるので「インストール」をクリックして下さい。




インストールが始まると「ステップ1/6:ダウンロードしています」と表示されます。

ステップ6/6」表示されて完了するまで待って下さい。




全て完了すると「権威のあるヘルパー」というこの画面が表示されます。

インストール」をクリックした後に「Mac起動するパスワード」を入力して下さい。

これでXcodeがインストール完了しました。




インストールされたXcodeは「開く」と青く表示されているので開いて確認してみて下さい。




Xcodesを使ってみてわかったこと

Xcodesを使った方がApp StoreからのXcodeアプリをインストールしたり、Apple Developerからインストールするよりもはるかに早いですね。

Apple Developerサイトからでも早いのですが最初に「.xip」ファイルをインストールしなければいけないのでその時間がないXcodesでの方が早いですね。

私が使っている7年物のIntelのMacBook Proでも30分ほどで完了しました。

こちらがMacのスペックです。

M1やM2Macなどはより早いのではないでしょうか。




インストールはとても早いのですが、Xcode自体のファイルのストレージは年々重くなっています。

Xcodesを使用してもストレージが軽くなることはないので、今回Xcode13.4.1をインストールすると30GBほど使っていてストレージに余裕がなくなっていきます。

インストール前


インストール後

Intel Macの場合だとストレージ40GBほど余っていてもXcodeのビルドができなくなってしまいます。

ストレージを圧迫して起動に時間がかかる場合はXcodeのバージョンを選定する必要が出てきてしまいます。

そこら辺は自分のMacのバージョンと状態で調整して下さい。




アンインストール方法

消したいバージョンを選択して「アンインストール」をクリックして下さい。

これだけだとゴミ箱に移動してるだけなので完全に消す場合は、ゴミ箱を空にして下さい




参考