SF Symbolsの実装

SF Symbolsの実装方法です。

ダウンロードはこちらの公式サイトからダウンロードして下さい。

SF Symbols

今回は、画面中央にラベル枠を作りその中にiPhoneのアイコンを表示させる方法になります。

画面サイズはiPhoneSE2になります。


このようになります。

全体のコードはこちら。

こちらからコピペできます。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
        
        
        //1.ラベル
        let label1 = UILabel(frame: CGRect(x: 90, y: 250, width: 200, height: 200))
       
        //ラベル枠の枠線太さと色
        label1.layer.borderColor = UIColor.black.cgColor
        label1.layer.borderWidth = 4
        
        //背景がイエローの場合
        label1.backgroundColor = UIColor.yellow
        
        
        //角の半径
        label1.layer.cornerRadius = 15
        label1.clipsToBounds = true
        
        self.view.addSubview(label1)
        //label1を表示
        print(label1)
        
        
        //iPhoneアイコン表示
        let img01 = UIImageView(image: UIImage(systemName: "iphone"))
        img01.frame = CGRect(x: 110, y: 270, width: 150, height: 150)
        self.view.addSubview(img01)
        print(img01)
        
    }


}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です