iOS配布証明書の更新



Apple Developer Program Supportから「iOS配布証明書が30日で無効になりますよという」メールが登録してあるメールアドレスに届きました。

こちらが届いたメール。


日本語に訳した内容。



去年初めてアプリを登録したので更新すること自体初めてなので、内容を残していきたいと思います。



目次

Apple Developer Programの更新

Apple Developerにログインしてメンバーシップの更新をしてください。

詳しい内容は以前書いた記事がありますのでそちらを参考にしてください。

Apple Developer Programメンバーシップの更新

こちらで支払い手続きをして、1年間のメンバーシップ更新を完了させてください。



またライセンス契約更新をする場合の記事はこちらです。

Apple Developer Programのライセンス契約


iOS配布証明書の更新

アプリを作っているMacで証明書の更新をしていきます。

証明書のリクエストファイルを作っていきます。

Finder」をクリック。


アプリケーション」→「ユーリティ」をクリック。


キーチェーン」をクリック。


キーチェーンを開いたら

キーチェーンアクセス」→「証明書アシスタント」→「認証局に証明書を要求」をクリックしてください。


証明書アシスタント画面が開きます。項目は以下の内容が表示されます。


項目内容
メールアドレスApple Developer Programに登録したメールアドレス
通称Macのアカウント名(自分の名前などが表示される)
CAのメールアドレス何も入力しなくてOK!
要求の処理ディスクに保存にチェック
鍵ペア情報を指定にチェック

ここで「メールでCAに送信」にチェックが入っている場合は外してください。

要求の処理の「ディスクに保存」「鍵ペア情報を指定」にチェックを入れてください。

そして続けるをクリック。


保存場所はわかりやすくデスクトップに保存しておきましょ。

そして下記内容を確認して続けます。


項目内容
鍵のサイズ2048ビット
アルゴリズムRSA

無事にできると以下のように表示されます。

証明書要求がディスク上に作成されましたという表示がされたら完了を押して終了です。

Apple DeveloperのCertificates, Identifiers & Profiles

Apple DeveloperのCertificates, Identifiers & Profilesを開く

Apple Developerにアクセスしてログインしてください。


Developer画面の左側の「Certificates, IDs & Profiles」を選択します。



証明書の作成(開発用)

証明書の作成(開発用)

Certificates」の右側にあるを選択します。

次の画面に進みます。


iOS App Development」にチェックを入れて「Continue」をクリック。


先ほどデスクトップに保存した「証明書のリクエストファイル」を選択して「Continue」をクリック。


証明書が作成されたので「Download」をクリックしてください。



証明書の作成(配布用)

証明書の作成(配布用)


証明書の作成(開発用)の上記の手順と一緒で「Certificates」の右側にあるを選択します。


配布用は「iOS Distribution(App Store and Ad Hoc)にチェックを入れてください。


証明書のリクエストファイル」を選択して


Download」をクリック。



キーチェーンに証明書を反映させる

キーチェーンに証明書を反映させる

ダウンロードした証明書をキーチェーンに反映させます。

Finder」→「ダウンロード」→「証明書を選択

証明書の追加という画面が表示されたら「追加」をクリックしてください。



もし証明書の追加が表示されずにこのような画面が出てきて追加ができない場合


「キーチェーンアクセス」→「ファイル」→「読み込む」をクリックしてください。

これで読み込めているはずです。


そして、有効期限をキーチェーンアクセスを開いて確認しましょう。

有効期限が1年後に更新されている証明書が確認できれば大丈夫です!

Provisioning Profileの更新

Provisioning Profileの更新をしていきます。

Apple Developerをひらいて「Certificates, IDs & Profiles」をクリック。



Certificates, IDs & Profiles」の「Profiles」をクリック。



Profiles」画面をひらいたら

Profiles」→「更新するアプリNAMEを選択して」クリック。



Generate a Provisioning Profile」画面をひらいたら


Edit」をクリック。


Certificates」が選べるようになっているので、さきほど作成した証明書を選択します。

そして「Save」をクリックしてください。これで完了です。



最後に期限が更新されているか確認しましょう。

Apple Developer」→「Certificates, IDs & Profiles」→「Profiles

更新したアプリNAMEのEXPIRATION1年後に変更されていれば完了です。

以上の作業は更新したいアプリ全てで行ってください。



まとめ

アプリをリリースしてもそれで全て終わりではないですよね。

機能の改善をしたり、アップグレードすることもありますし今回のように1年に1回の更新作業も出てきます。

やることは多いですが、一つひとつこなしていければアプリを誰でも作ることができるのが楽しいですね。

自分のようにアプリを作っている方の参考になればと思います。



参考

今回こちらの方の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

iOS 証明書 & Provisioning Profile & Apple Developer Program の更新をやったメモ
よく分かる!iOS アプリ開発に必要な証明書ファイルの作成方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

超PayPay祭