Xcodeのキャッシュを削除して容量を増やす方法

MacBook Proの256GBを買ったのにアプリ製作をしているとどんどんストレージが減っていきますよね。

自分もあと40GBをきっていてXcodeのアップデートをしようとすると容量不足でアップデートできませんとよく表示されていました。そのたびに細かいファイルを削除するのが実に大変。

何が一番圧迫しているのかがよくわかりませんでした。

しかし調べるとXcodeのシュミレーターがとても容量を圧迫したのがわかりました。

目次

過去のアーカイブの削除

Xcodeを完全に終了させてください。

Macでターミナルを起動して以下を入力してください。

//アーカイブの場所
~/Library/Developer/Xcode/Archives
~/Library/Developer/Xcode/Archives









//アーカイブの一斉削除
sudo rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/Archives/*
sudo rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/Archives/*
以上をコマンド入力するとMac起動時のパスワードを入力するので入力してください。
パスワードは表示されません。


シュミレーターのキャッシュ削除

Xcodeを完全に終了させてください。

Macでターミナルを起動して以下を入力してください。

//全てのシミュレーターのキャッシュを一度で削除する
sudo rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport/*
sudo rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport/*
以上をコマンド入力するとMac起動時のパスワードを入力するので入力してください。
パスワードは表示されません。
このコマンド入力だけで80GBほど空きができました。







ストレージの確認

Macを一度、再起動してください。

りんごマーク」→「このMacについて」→「ストレージ」で確認してください。

自分の場合はその他が「104.14GB」もありました。


削除した後はその他が「25.47GB」に!

こんなに減るとは思いませんでしたね。


まとめ

Xcodeでアプリを作っているとどんどん容量が足りなくなっていきます。

一年以上作り出すとよくわからない不明領域が増えてストレージが圧迫されていきます。

定期的に削除するのが良さそうですね。


参考

今回はこちらの方の記事を参考にさせていただきました。

とても細かいところまで詳細に書いてあります。

【Xcode】ディスク不足を解消、キャッシュを削除して領域を確保する方法

ありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です